ヘルプ

戯曲 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

お気に入り登録数42

発売日:2020/02
著者:----
シリーズ:----
レーベル:----
出版社:Nitroplus
ジャンル:刀剣乱舞
ISBN:4529790602325
品番:bktvntkg05348
平均評価:0点レビューを見る

西暦2205年。
歴史改変を目論む「歴史修正主義者」が過去への攻撃を開始した。
対峙する時の政府は歴史の守りとして「審神者」なる者を過去へと派遣する。

物の心を励起する審神者の力によって生み出された、刀剣に宿りし付喪神「刀剣男士」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。

本丸にも、今や多くの仲間たちが増えていた。
ある日、永禄八年 永禄の変へ出陣する刀剣男士たち。
戦国の世では、室町幕府第十三代・征夷大将軍 足利義輝が三好義重・松永久通らの手によって最期の時を迎えようとしていた。

一方、刀剣男士たちの歴史を守る戦いは激化の一途をたどっていた。
出陣に次ぐ出陣。
終わりの見えぬ戦い。
本丸の仲間も増えたとはいえ、刀剣男士たちは徐々に疲弊を色濃くしていく。

山姥切国広はとある出陣先で、《正体不明の敵》と出会う。
それはあらゆる時代に現れ、まるで刀剣男士と対等に戦うチカラを得るために経験を積み重ねているように思えた。

「ぼくは……よしてるさまを……しなせやしない……」

その敵と対峙した三日月宗近が取った行動とは―――――――

ご注文後のキャンセルは原則、承っておりません。
事前に十分にご検討いただいた上でご注文ください。

 

ご購入はこちらから

価格
1,100円税込
送料

1注文2,000円以上で送料無料

注文方法の説明はこちら

マーケットプレイス予約・出品

マーケットプレイスでこの商品を買おう
マーケットプレイスでこの商品を売ろう

マーケットプレイスの説明はこちら

  • t
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
通販ご利用ガイド 会員登録
返品・交換について(返品特約)
弊社ではお客様のご都合による返品及び交換は承っておりません。
注文の際は事前に仕様等をお確かめの上、ご注文をお願い申し上げます。

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう